企業に最適のサービス

最近、バーチャルオフィスという言葉を聞くことがあります。または、レンタルオフィスという言葉もありますが、これらが一般的なオフィスとはどう違うのか、そしてどのような業種に向いているのかまではあまりよく知られていません。実は、このバーチャルオフィスは、特にこれから起業しようとしている人にとっては、使い方次第では大変便利なものと言えるのです。

バーチャルオフィスとは、実際にオフィスを借りるわけでなく、住所や電話番号などを借りるシステムのことです。起業するとなれば、オフィスを借り、敷金や礼金、保証金、そしてデスクなど多額な初期費用が必要となります。しかし、このバーチャルオフィスの場合、そこで業務を行うわけではなく、会社の住所を借りているだけですので、初期費用はかなり抑えられるのです。

一方のレンタルオフィスは、デスクや電話などが揃った手軽に借りられるオフィスですが、バーチャルオフィスと比べると、初期費用やランニングコストが高めになります。そのため、起業時にはバーチャルオフィスが向いているでしょう。経営が軌道に乗るまでの間はバーチャルオフィスで、そして、その後通常のオフィスを借りると言う人も多いのです。このようにバーチャルオフィスは、上手く利用すれば大変便利なサービスなのです。