借りる際の注意点

バーチャルオフィスは特に起業時にとても便利で役に立つサービスです。では、このバーチャルオフィスを扱っているサービス会社の中からどういった基準でサービス会社を選べばいいのでしょう。

まずは、自分の事業内容に合ったサービスを取り扱っていることが最も重要なポイントです。住所と電話番号だけでいいという会社もありますし、電話代行や会議室が必要な場合もあるでしょう。また、電話代行にしても外国語に対応しているかどうか、会議室であればその規模までしっかりと確認するべきです。サービス内容を把握することで、業務がスムーズに遂行できるのです。

次に、バーチャルオフィスには、いくつかのプランが設定されているところがあります。つまり、必要なオプションがなかったり、あるいは不要なオプションがセットになっていて、料金が別途請求されることもありますので注意が必要です。その他にも、実際にその住所がある物件を見ておくことも重要です。雑居ビルの一室のように、商談で取引先を呼ぶには適していないこともあります。会議室を利用する業種であれば、クリーンなイメージの会議室を持つビルであることが必須条件でしょう。このように、バーチャルオフィスを借りる際には注意点があります。安いからといって安易に借りず、必ず確認をしてください。

会議室などのオプション

バーチャルオフィスで受けられるサービスとしては、主に次のようなものがあります。まずは住所です。都内の一等地や、よく知られている地域の住所を借りられ、しかもその住所を郵便物の郵送先として利用もできるのです。もちろん、この郵便物を自宅へ転送してくれるサービスも付いていますから、自宅の住所を知られる心配も荷物を取りに行く手間もありません。

業務を行う上で必要な電話ですが、バーチャルオフィスは電話番号もレンタルできます。この電話は、自分の携帯や自宅の電話に転送できますので、どこにいても電話に出ることができますし、電話代行というサービスもありますから、不在のときはサービス会社のスタッフが受付を代行してくれるのです。

また、会社であれば会議や打ち合わせのスペースが必要なときもあります。バーチャルオフィスには、会議室を貸し出しているところもあり、デスクや給湯室も完備されていますので、必要に応じて利用すればいいでしょう。この場合、無料のところもあれば、時間貸しのところもありますので、契約時に確認してください。このようにバーチャルオフィスには様々なサービスがありますので、自分の業種に合った条件のものを選ぶといいでしょう。

参考HP・・・1 STOP BUSINESS CENTER
会議室のレンタルも可能なバーチャルオフィスサービスです。

企業に最適のサービス

最近、バーチャルオフィスという言葉を聞くことがあります。または、レンタルオフィスという言葉もありますが、これらが一般的なオフィスとはどう違うのか、そしてどのような業種に向いているのかまではあまりよく知られていません。実は、このバーチャルオフィスは、特にこれから起業しようとしている人にとっては、使い方次第では大変便利なものと言えるのです。

バーチャルオフィスとは、実際にオフィスを借りるわけでなく、住所や電話番号などを借りるシステムのことです。起業するとなれば、オフィスを借り、敷金や礼金、保証金、そしてデスクなど多額な初期費用が必要となります。しかし、このバーチャルオフィスの場合、そこで業務を行うわけではなく、会社の住所を借りているだけですので、初期費用はかなり抑えられるのです。

一方のレンタルオフィスは、デスクや電話などが揃った手軽に借りられるオフィスですが、バーチャルオフィスと比べると、初期費用やランニングコストが高めになります。そのため、起業時にはバーチャルオフィスが向いているでしょう。経営が軌道に乗るまでの間はバーチャルオフィスで、そして、その後通常のオフィスを借りると言う人も多いのです。このようにバーチャルオフィスは、上手く利用すれば大変便利なサービスなのです。

バーチャルオフィスの利用法

最近、バーチャルオフィスという考え方が定着してきています。これは特に起業を目指す人に支持されているものですが、では通常のオフィスとどのような違いや特徴があり、またメリットを持っているのでしょう。

バーチャルオフィスは、実際には存在しないオフィスと言えばいいでしょう。つまり、業務に必要な住所や電話番号など、物件以外の機能のみをレンタルするというサービスなのです。これにより自宅で業務を行いながら、事業としての住所は例えば都内の一等地に構えるということができるのです。通常、オフィスを借りるには保証金や敷金、デスクやパソコンなどのまとまった額の初期費用が発生します。しかし、バーチャルオフィスであれば、こういった費用も必要なく、格安で起業できるのです。これが、バーチャルオフィスの最大の特徴であり、メリットでもあります。

次にそのサービス内容ですが、住所や電話番号以外にも、郵便物や電話の転送があります。オフィスと実際の仕事場の住所や電話番号が違いますので、このサービスはほとんどのサービス会社で取り扱っています。また、取引先との商談や会議などは自宅ではできません。こういったとき、会議室完備のサービス会社がありますので、それを利用すればいいでしょう。会議室があれば、それだけでも信頼度が高まりますし、契約のチャンスも広がるのです。このサイトは、こういったレンタル会議室のあるバーチャルオフィスについて説明します。