バーチャルオフィスの利用法

最近、バーチャルオフィスという考え方が定着してきています。これは特に起業を目指す人に支持されているものですが、では通常のオフィスとどのような違いや特徴があり、またメリットを持っているのでしょう。

バーチャルオフィスは、実際には存在しないオフィスと言えばいいでしょう。つまり、業務に必要な住所や電話番号など、物件以外の機能のみをレンタルするというサービスなのです。これにより自宅で業務を行いながら、事業としての住所は例えば都内の一等地に構えるということができるのです。通常、オフィスを借りるには保証金や敷金、デスクやパソコンなどのまとまった額の初期費用が発生します。しかし、バーチャルオフィスであれば、こういった費用も必要なく、格安で起業できるのです。これが、バーチャルオフィスの最大の特徴であり、メリットでもあります。

次にそのサービス内容ですが、住所や電話番号以外にも、郵便物や電話の転送があります。オフィスと実際の仕事場の住所や電話番号が違いますので、このサービスはほとんどのサービス会社で取り扱っています。また、取引先との商談や会議などは自宅ではできません。こういったとき、会議室完備のサービス会社がありますので、それを利用すればいいでしょう。会議室があれば、それだけでも信頼度が高まりますし、契約のチャンスも広がるのです。このサイトは、こういったレンタル会議室のあるバーチャルオフィスについて説明します。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加